【青森】竜飛岬でマグロ釣り!おすすめタックル、遊漁船情報
スポンサーリンク

釣り人なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

津軽海峡ででっかいクロマグロを釣りたい!!と。

さっつん
そんなロマンを追い求めているのは私だけじゃないはず。

この記事の内容

  • 青森でのクロマグロの釣り方
  • おすすめタックル、持ち物リスト
  • クロマグロ釣りの心得
  • マグロ釣りの遊漁船、釣り船情報

この記事を読んでしっかり準備をしてから、クロマグロを釣りにいきましょう!

竜飛岬(青森)のマグロ釣りとは?

竜飛岬(青森)のマグロ釣りとは?

出典:太郎丸

青森の竜飛岬たっぴみさきではマグロ釣りが人気です。

有名な釣り師が遠征に来たりしていて、釣り師の佐藤偉知郎さんや、釣りガールのふくだあかりさんにお会いしたことがあります。

クロマグロの釣り方:キャスティング

青森でクロマグロを釣る方法は、船釣りでのキャスティングです。

鳥山やなぶらを見つけたら船をなぶらの近くまで走らせて、なぶらの中にルアーをキャストして、マグロを狙います。

でも、一日中船に乗っていてもなぶらさえ見つからず、ただのクルージングになるということもあります。

さっつん
一瞬でなぶらが消えてしまうということもしょっちゅうです。

だからこそ、海面をバチャバチャする小魚と、魚を上から狙うたくさんの鳥たち、でっかいマグロが海面を飛び出してジャンプする姿を間近で見ると、もう大興奮です。

クロマグロの釣り方:キャスティング

興奮を通り越して、手足が震えます。

そんな興奮を抑えながら、狙ったところへ正確にルアーをキャストしていくのです。

さっつん
少ないチャンスをモノにできた人が、マグロをキャッチすることができる!

それがマグロキャスティングゲーム!

スポンサーリンク

マグロ釣りのおすすめタックル

マグロ釣りのおすすめタックル

マグロをキャスティングで釣る場合、どんなタックルが必要なのか?

マグロと一言で言っても、どんなサイズが釣れるかはわかりません。

20キロかもしれないし、100キロかもしれません・・・!!

さっつん
キャストしやすくて、マグロのパワーにも耐えれるタックルが必要です。

その分、マグロ用のタックルは、他の釣りタックルに比べると値段がわりとお高めです。

ですが、タックルは2セットあった方がいいです。

タックルを2セット用意して方が良い理由は以下のとおり。

  • なぶらに近づくまでベイトの種類や大きさがわからない。
  • なぶらが現れてからルアーを付け替えてる暇はない。
  • タックルに何かトラブルなどあった時の、予備のタックルとして。

2つのタックルそれぞれに違う種類のルアーを装着した状態で鳥山やなぶらを探しにいく、という感じです。

いつの日か、自分の膝にマグロをのせて写真撮影することを目標にして、信頼できるタックルを選びましょう。

ロッド

マグロ釣り専用のロッドもあったりします。

ロッド選択の目安
  • PE8~12号クラス
  • 7~9フィート
  • ルアー:MAX150~200g

私はSOULSのロッドを使っていますが、古いモデルなのでもうネットには在庫がないみたいです。

SOULSから2020年に新しく発売されるモデルがたくさんあって、私が狙っているのは7月末に発売のこれ。

女子の私でもわりと扱いやすそう?かなと。

スペック

  • 8.3フィート
  • PE8号
  • ルアーMAX150g

次におすすめするのはこちら。

DAIWAのマグロロッド。

全長が短めなので、力強くマグロとのやり取りができます。

スペック

  • 7.8フィート
  • PE6~10号
  • ルアーMAX180g

次におすすめするのはコレ。

SHIMANOの大型用のキャスティングロッド。

上で紹介したSOULSやDAIWAより安めだけど、しっかり飛距離もだせるパワーがあるロッド。

スペック

  • 8.2フィート
  • PE10号
  • ルアーMAX180g

リール

マグロの強い引きに耐えれるリールが必要なので、ここはケチらずハイスペックなリールを用意しましょう。

リール選択の目安
  • 最大ドラグ力:15~30kg
  • PE糸巻き量:300m
  • DAIWA:5000~7000番台
  • SHIMANO:10000~20000番台

たとえば、DAIWAだとこのリール。

DAIWAの中で一番スペックが高いソルティガ。

マグロだけではなく、ヒラマサやGT、幅広い釣りに使えるリールですね。

SHIMANOだと最上位クラスのステラが安心。

今までは、「13 ステラ SW18000HG」が上位モデルでしたが、2020年4月に新しいモデルが販売されることになりました。

その新しいモデルがこちら。

ライン

マグロは、ルアーを喰った瞬間のファーストランで100m以上走ることも普通にあります。

PEラインは300m以上巻いておきましょう。

ラインの目安
  • PEライン:8~12号 300m以上
  • ショックリーダー:ナイロン100~200ポンド 2~3m
スポンサーリンク
 

ルアー

海面付近を浮きながらアクションできる、フローティングルアー。

少し沈ませてアクションする、シンキングルアー。

その時のベイトの種類に合わせて、複数のルアーを用意する必要があります。

ルアーの種類
  • フローティング:13~23cm、50~130g
  • シンキング:9~15cm、50~100g

フローティングルアーだと、このSHIMANOのルアーとか良いですね。

アクションをとめると、頭がぴょこんと海面から出てます。

泳ぎもキレイだし、ちゃんと飛ぶ。

ルアーの動きの動画がAmazonの商品ページから見れるので、ぜひ見てみてください。

シンキングタイプはアクションをとめるとルアーが沈んでいきます。

ルアーがゆっくり沈んでいく姿が、マグロには死にかけのイワシに見えて、喰ってやろう!ってなるらしいですよ。

ベイトがイワシならこれを使えば釣れそうって感じで、リアル。

青森マグロ釣りに持っていくもの

青森マグロ釣りに持っていくもの

マグロ釣りに行く時に、マグロタックル以外に用意するものを紹介します。

さっつん
忘れ物防止のため、持ち物リストを作成するのがいいかも。

ライフジャケット

釣りと言えば必須、ライフジャケット。

津軽海峡の荒波やマグロとのファイトで万が一、海に落ちても大丈夫なようにライフジャケットは絶対持っていきましょう。

経年劣化している場合もあるので、古くなっているライフジャケットは新品への買い替えも検討してください。

ファイティングベルト

マグロを釣り上げるには、ファイティングベルトも必要です。

竿の柄の部分をファイティングベルトに預けることで、竿がお腹に食い込まなくなります。

これで両足で踏ん張ってしっかり後ろに体重をかけて、マグロとのファイトを安心して楽しむことができますよ。

さっつん
大物釣りには必要な道具ですね。

マグロ釣り以外のタックル

青森でマグロ釣りをする際には、マグロ釣りタックル以外も持っていきましょう。

  • タイラバロッド、ジギングロッド、など

潮が動いていない時や、マグロがでない時など(暇なとき)に使います。

タイラバをしている人が多い印象ですね。

さっつん
私は、タイラバをしたことないので、ジギングでブリを釣ってました。

マグロ釣り以外のタックル

波が高くて出港できなかった時のために、エギングロッドなどを持っていくのもありですね。

クロマグロ釣りの心得

マグロ釣りの心得

交通費や、宿泊代、船のチャーター代といった費用もかかりますし、天候によっては出港すらできない日もあります。

なので、1年の間にマグロ釣りに挑戦できる日は、数日しかありません。

さっつん
私が思う、マグロ釣りをする上で大事な心得を3つ、紹介します。

周りの人との協調性

マグロ釣りの場合は船首からキャストするのが有利です。

というのも、船がなぶらに向かって進むので、なぶらに一番近いのが船首だから。

でも、一つの船に複数人で乗ることがほとんど。

さっつん
1日に何回なぶらに出会えるか、わかりません。

だからこそ一番いい場所(船首)は、譲り合い精神で交代するようにしましょう。

また、いざキャストするとなると、興奮して周りが見えなくなります。

ルアーには針がついてて危険です。

周りをしっかり見渡して、周りを確認してからキャストしてくださいね。

諦めない心

マグロを釣りたくて北海道から青森に何度も通っている私ですが、いまだに青森でマグロを釣ったことがありません。

今まで、6回ぐらい行っていて、1回の遠征で2日間釣りをするので、合計12日間ですね。

さっつん
諦めずに通い続ければ、いつか必ず釣れる・・・!!!

と言いつつ、諦めかけて寝ているの図・・・。

マグロ釣りの心得

お金と時間があれば、青森に毎月通いたいレベルです(笑)

かんたんに釣れないからこそ、釣れた時の感動はすごいんだと思います。

魚が食べたいから釣りに行くんじゃなくて、マグロがルアーを喰う瞬間を見たいとか、マグロとの格闘を楽しみたいとか、もうゲームですよね。

諦めない心が大事!!

クロマグロを守ろう

年々、クロマグロの漁獲量が減ってきています。

状況に応じて水産庁などが、漁獲や遊漁を制限したり、禁止したりすることがあります。

2020年4月現在のところ、30キロ以上のクロマグロであれば特に制限はありません。

さっつん
つまり小さいマグロはリリースしましょう!ということです。

詳しくは、水産庁のホームページをご覧ください。

スポンサーリンク
 

青森クロマグロ釣りの遊漁船、釣り船情報

青森クロマグロ釣りの遊漁船、釣り船情報

青森には、クロマグロ釣りを楽しむことができる遊漁船がたくさんあります。

私はいつも、太郎丸さんにお世話になっていました。

ホームページやブログがある青森の遊漁船のリンクをいくつか貼っておきます。

さっつん
出港状況、料金については、各サイトで確認してみてくださいね。

青森のマグロ釣りは人気なので、半年前にはもう予約がうまっている!ということもあります。

釣りに行くと決めたら、早めに予約しましょう!

まとめ:クロマグロのロマンを求めて!

まとめ:クロマグロのロマンを求めて!

今回は、青森でクロマグロを釣りたいあなたのために、タックルなどを紹介しました。

タックルまとめ
  • ロッド・・・7~9フィート、ルアーMAX150~200g
  • リール・・・DAIWA 5000~7000番台、SHIMANO 10000~20000番台
    ドラグ力15~30kg
  • ライン・・・PE8~12号を300m、ナイロン100~200ポンドを2~3m

タックルのレンタルをしてくれる場合もあるので、まずは釣り船に問い合わせしてみるのもいいかもしれません。

さっつん
あなたもぜひ青森でクロマグロを狙ってみてください!

そして、クロマグロを膝にのせて記念撮影を!!

Thank you for reading! by さっつん

スポンサーリンク