ジェルネイルが乾かない!固まらない!7つの原因と対策
スポンサーリンク

ジェルネイルをセルフでやっていると、色々な悩みがでてきますね。

「いくら待ってもジェルネイルが乾かない!」

「ライトを当ててもベタベタしてる!」

「ジェルが固まらない!」

こまり
ずっとジェルがベタベタしててどうしたらいいのか・・・

さっつん
これらの原因と対策を解説します!

ジェルネイルの工程「硬化」について分かりやすく説明していきます。

ジェルネイルの基本的なことになりますので、セルフでジェルネイルをするなら要チェックです。

ジェルネイルが乾かない?ジェルネイルの基本

ジェルネイルが乾かない?ジェルネイルの基本

正しい表現を使うと、ジェルは「乾かす」のではなく「固める」ものです。

マニキュアの場合は、塗ってから放置していれば乾きます。

でもジェルの場合は、UVライトまたはLEDライトに当ててジェルを固める必要があります。

つまり、ジェルを塗ったあとそのまま放置しているだけでは、ジェルが固まることはありません。

「ジェルを塗る + ライトに当てる」は1セットです。

また、ライトに当ててジェルを固めることを「硬化」と言いますので覚えておきましょう。

ベタベタの正体、未硬化ジェルとは?

多くのジェルは、未硬化ジェルが存在します。

未硬化ジェルとは、ライトを当てて硬化したあとも固まらず、表面に残るジェルのことです。

さっつん
これが、触るとベタベタする正体です。

ベタベタするからと言って、未硬化ジェルが悪者というわけではありません。

未硬化ジェルは、次に塗るジェルを密着させるために必要なものです。

ベースジェル、カラージェルを硬化したあとの未硬化ジェルは拭き取らず、そのまま次のジェルを塗りましょう。

最後のトップジェルを塗り硬化したあとだけ、未硬化ジェルを拭き取ります。

ライトの代わりになるもの

ジェルネイルが乾かない:ライトの代わりになるもの

ジェルネイルのライトがない場合に、代わりになるのは太陽です。

ジェルには、UVライトで固まるものと、LEDライトで固まるもの、両方で固まるものがあります。

UVライトで固まるジェルであれば、太陽の光、UV(紫外線)で固まります。

太陽の紫外線で固めるには、天気がいい日で、時間もたっぷりある必要があります。

UVライトであれば1分ほどで硬化できるところを、太陽の紫外線だとジェルによって3分から10分ほどかかります。

さっつん
それでもOK!という方は、太陽の光の助けを借りて硬化するのもあり。

ライトよりも時間がかかるため、固まるのを待っている間にホコリが付着してしまう可能性もあります。

また、LEDライトで固まるジェルの場合は、太陽の紫外線では硬化しにくいです。(ジェルの種類にもよりますが)

これからセルフネイルを始めようとしているなら、ライトは用意した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

ジェルネイルが乾かない:原因と対策

ジェルネイルが乾かない:原因と対策

本来、「ジェルネイルが乾かない」と言うよりは「ジェルネイルが硬化しない」と言う方が適切です。

ジェルネイルの表面がベタベタしている

ライトを当てても柔らかいままで固まらない

などの、ジェルを硬化する際の問題について、原因や対策を説明していきます。

未硬化ジェルを拭き取っていない

先ほどお伝えしたとおり、ほとんどのジェルは未硬化ジェルがあります。

未硬化ジェルの影響で表面がベタベタしてますので、拭き取りが必要です。

未硬化ジェルを拭き取る際には、コットンにたっぷりとリムーバーをしみ込ませて拭き取ります。

拭き取るのに一度使った面は再度使用せず、違う面または新しいコットンを使ってください。

さっつん
表面が曇るのを防ぐためです!

最近は、未硬化ジェルがない、拭き取り不要のジェルも販売されています。

その場合は、硬化したあとに拭き取る必要がないですし、時短になりますね。

未硬化ジェルが発生するジェルを使っている場合は、最後の拭き取りを必ず行いましょう。

ジェルネイルが乾かない:未硬化ジェルを拭き取っていない

この、DAISOのワンプッシュディスペンサーボトルに、拭き取るためのクレンザーを入れて使ってます。

頭の部分にコットンを乗せてプッシュすると、クレンザーがコットンに染みこみます。

クレンザーボトルの蓋を開けたり閉めたりする手間がないので、気に入ってます。

さっつん
ちなみに、私が使っているクレンザーはこちらです。

ジェルとライトが合っていない

ジェルによってUVライトで固まるものと、LEDライトで固まるものがあります。

例えば、LEDライトで固まるジェルに対してUVライトを当てても、ジェルが硬化しません。

ジェルの説明書やメーカーサイトに、UVライトまたはLEDライトどちらを使うべきなのか、必ず書いてあります。

確認したうえで、ジェルにあったライトを使用しましょう。

スポンサーリンク
 

ライトを当てる時間が短い

ライトを当てる時間が短いと、硬化が足りずプニプニの状態になることがあります。

顔料(色の元)が多く含まれている黒や白などは、硬化しにくい傾向にあります。

硬化したあと、軽ーく触ってみて、プニっとするようであれば、追加で硬化しましょう。

ジェルによって、硬化推奨時間が明記されているのがほとんどですが、硬化が足りない場合は追加でライトに当ててください。

硬化しすぎるということはないので、長めにライトに当てても問題ありません。

ジェルネイルが乾かない:ライトを当てる時間が短い

ライトを当てる角度が悪い

手をライトに入れる角度によってライトがあまり当たらず、硬化できない場合があります。

特に親指。他の指と一緒に、5本全部一緒に硬化しようとすると、どうしても親指が横向きになってしまい、ライトがちゃんとあたりません。

さっつん
親指と、他の4本の指は別々に硬化するようにしましょう。

爪がまっすぐライトの方を向くように意識して、硬化してください。

ジェルネイルが乾かない:ライトを当てる角度が悪い

かくはんをしていない

ジェルの種類やカラーによっては、ジェルのケースの中で顔料が沈んで、成分が分離している場合があります。

成分が分離したジェルをそのまま使うと、色むらができてしまいますし、硬化する成分が足りず、硬化しない場合があります。

このため、軽くかくはん(混ぜること)してから塗り始めてください。

ジェルをかくはんをする時には、ぐちゃぐちゃっと勢いよく混ぜないようにしましょう。

気泡ができてしまいます。

その気泡も一緒に塗ることになりますので、ネイルの仕上がりがきれいになりません。

ジェルをかくはんする時は、下からすくいあげるように優しく混ぜましょう。

ジェルネイルが乾かない:かくはんをしていない

こんな感じで、ジェルによっては顔料が沈んでるのがわかりやすいのもありますが、パッと見て沈んでいるか判断できないジェルもあります。

基本的に、どんなジェルもかくはんしてから使用しましょう。

スポンサーリンク
 

ジェルの量が多い

ジェルの量が多すぎると中身が固まらない場合があります。

いくらライトを当てても、ジェルを触ると中身がぷにっとする場合は、ライトの光が中まで届いていない可能性があります。

いったんジェルをオフしてから、薄めに塗って再度硬化してください。

ジェルネイルが乾かない:ジェルの量が多い

ライトの劣化

最近のライトは高性能なのですぐに劣化するというのはないかもしれませんが、

長く使っていくとどうしても劣化しまいます。

以前に比べて、硬化しない、硬化に時間がかかる、明るさが暗くなった、と感じたら劣化の可能性があります。

ライトを交換することを検討しましょう。

スポンサーリンク
 

まとめ

ジェルネイルが乾かないまとめ

ジェルネイルの特徴を把握したうえで正しく硬化して、きれいなネイルを自分でできるようになりましょう!

さっつん
今回の内容をまとめるとこうなります。
きれいに硬化するためには?
・トップジェルは未硬化ジェルを拭き取る
・ジェルに合ったライトを使う
・ライトを当てる時間を調整する
・ライトを当てる角度を調整する
・ジェルをかくはんしてから使う
・ジェルの量が多い場合は減らす
・ライトが劣化したら交換する

↓セルフネイル上達のために、こちらの記事も参考にしてください。

Thank you for reading! by さっつん

スポンサーリンク